ハイスピードマイクロスコープ開発秘話

動きを観察する“ハイスピードマイクロスコープ”が誕生するまで

ハイスピードマイクロスコープ VW-9000

動きを観察するマイクロスコープとして2008年に発売され、順調に売り上げを伸ばしていたマイクロスコープVW-6000。キーエンスでは後継として、「高速録画性能の向上」「動きの変化量の自動認識」などのコンセプトで新機種開発の話が持ち上がり、キーエンスソフトウェアも初期段階から開発プロジェクトに参画しました。

その開発担当に指名されたのは、中途入社の研修期間を終えたばかりの瀬崎二郎。瀬崎は当時を「やっと会社の空気に馴染めたかなというタイミングだったので、頭の中には“不安”の2文字しかありませんでした」と振り返ります。

ソフトウェア開発のプロフェッショナル集団として、キーエンスソフトウェアがどのように開発に臨んでいるのか−−。こちらでは、商品開発に携わった瀬崎をはじめ、品質評価を担当した井口のコメントを交えて、ハイスピードマイクロスコープVW-9000の開発バックストーリーをご紹介します。

商品開発グループ 瀬崎が語る開発現場

開発現場の自由度に驚き、キーエンスからの信頼の高さを実感した

中途入社で研修期間を終えたばかりの瀬崎は、開発担当に指名されてVW-9000のプロジェクトに携わることに。まず瀬崎が行なったことは、キーエンスの担当者にヒアリングし、新商品に求める性能を汲み取ること。

「入社したばかりでしたが、グループの責任者がフォローに入ってくれたので安心して進めることができた。まずは必要な情報を整理し、ソフトウェアの具体的な仕様などをキーエンスの担当者にアイデアとして提案してみました。そこで驚いたのが「自由度の高さ」。当社への期待値が高く、任されている領域が広いとは聞いていましたが、“まさかここまでか”と驚きましたね。私にとってはキーエンスソフトウェアに入ってはじめて携わるプロジェクトなので、本当に試行錯誤の連続でした」と瀬崎は語ります。そこからキーエンスと二人三脚で新商品開発が始まりました。

商品開発グループ シニアエンジニア 瀬崎 二郎
商品開発グループ シニアエンジニア 瀬崎 二郎

品質評価グループ 井口が語る開発現場

開発と評価の関係性、コミュニケーションの重要性を知った

開発が進む中で、VW-9000の開発プロジェクトに参画したのが品質評価グループの井口義知。井口は入社から8ヶ月が経ち、品質評価担当として2つのプロジェクトを経験して自信が芽生えてきた時期でした。そのタイミングでより規模が大きいVW-9000開発プロジェクトへ抜擢。

「VW-9000は、それまでに経験したプロジェクトとは違い、評価対象の規模が大きいうえ、非常に多くの機能を持ち合わせていました。商品コンセプトは当たり前ですが、細部まで性能や機能を把握しなければ、膨大なテストの組み合わせを効率的かつ効果的に実施できないと直感。そこでまずは、商品開発担当の瀬崎さんと時間の許す限りコミュニケーションをとり、計画ミスが起きないように務めました」と井口は言います。

キーエンスソフトウェアでは、部署間での垣根がなく、それぞれが意見をし合うという環境が整っており、それが付加価値の高い商品開発につながっています。

品質評価グループ シニアエンジニア 井口 義知
品質評価グループ シニアエンジニア 井口 義知

プロジェクトを通して
~業界内で大きな反響を呼んだVW-9000~

開発プロジェクトに関わる人々の努力が実を結び、求められている条件をクリアできる仕様が固まりました。そして、完成したハイスピードマイクロスコープVW-9000は、業界内で大きな話題に。速度・時間・距離などの動画測定を実現し、マイクロスコープとして拡大観察・撮影ができる利便性。それでいて設置や操作が簡単なので、シーンを問わず幅広い分野で導入されたのです。

開発プロジェクトを終えて瀬崎は、「入社したばかりで右も左もわからない状況でプロジェクトがスタートしたので大変でした。しかし、開発初期から参画し、商品が完成したときの喜びは言葉では言い表せないものでした。そのときに“キーエンスソフトウェアなら最高のエンジニアになれる”と確信しました。苦労の連続だった日々も過ぎてみればすべてが良い思い出になりました」と当時を振り返る。

高速度カメラとマイクロスコープを組み合わせ、動きを的確に記録するVW-9000は世界中の“ものづくり”を支えています。

ハイスピードマイクロスコープ VW-9000
ハイスピードマイクロスコープ VW-9000