キーエンスグループのコーポレートポリシー

キーエンスグループで共有される、
4つの価値観と仕事観

ファクトリー・オートメーション総合メーカーであるキーエンスは、経営資源をより大きな価値に変換すること――、すなわち「付加価値の創造」を社会的存在意義としています。その思想はグループ全体で共有され、グループカンパニーであるキーエンスソフトウェアでも実践されています。“世界初・業界初”の高付加価値な商品を追求し、私たちは自由な発想を活かした斬新な試みを続け、ソフトウェアでプラスαの付加価値を創造します。

キーエンスグループのコーポレートポリシー

キーエンスグループでは、4つのコーポレートポリシーのもとで事業を展開しています。

1. 最小の資本と人で最大の付加価値をあげます

付加価値とは、企業が活動の中で新たに生み出した価値、付け加えた価値を表すものです。
キーエンスグループは、最小限の経営資源で付加価値を最大化できる商品・サービスを提供します。

1. 最小の資本と人で最大の付加価値をあげます

2. 目的意識を伴った行動で成果を追求します

キーエンスグループの社員は、「その仕事は何のために行っているのか」「どんな付加価値を生み出せるのか」を自問自答し、目的を明確化してから業務にあたります。目的意識を持ち、行動することで成果を最大化します。

2. 目的意識を伴った行動で成果を追求します

3. オープンな社風の中で自由な発想を大切にします

ポジション・キャリア・年齢よりも論理性や合理性を優先し、自分が正しいと思うことを気兼ねなく主張できる環境を大切にしています。そして、エンジニアの自由な発想と若い社員の知恵を取り入れながら新たな価値を創出します。

3. オープンな社風の中で自由な発想を大切にします

4. 社員一人ひとりが効率を意識して行動します

限られた時間の中で効率的に仕事を進めるため、それぞれの社員が1時間当たりに生み出すべき付加価値額の目安を「時間チャージ」として算出し、常に「自分の仕事はそれだけの価値額を生み出せているのか」を意識して行動します。

4. 社員一人ひとりが効率を意識して行動します

キーエンスソフトウェアは、この4つの価値観・仕事観を大切にし、行動に反映しています。そしてソフトウェアのプロフェッショナル集団として、「技術」「品質」を追求しています。今後も技術力を磨き、既成概念にとらわれない自由な発想を発揮し、キーエンスと二人三脚で付加価値の高い商品を開発し続けます。