キーエンスの考える、
ものづくり全体の工程改善とは

キーエンスの考える、ものづくり全体の工程改善

キーエンスグループは、主軸としているファクトリー・オートメーション(FA)市場のみならず、研究開発、物流や小売など幅広い分野に向けて商品を展開しています。キーエンスには、「さまざまな業界の“ものづくり”を支え、生産性や品質、安全性の向上に役立つ」という理念があり、加工や組立、検査や測定という生産工程だけではなく、研究開発・設計や品質管理、物流・倉庫管理、ユーザーの手元に届ける小売まで、すべての工程においての効率化が必要不可欠だと考えています。ファクトリー・オートメーションで培った経験と技術をすべての工程に展開し、生産現場の効率化を実現し、“ものづくり”の在り方を変えることが私たちの使命です。こちらではキーエンスの商品が活躍している工程についてご紹介します。

FAによる工程改善のトータルソリューション

キーエンスは、「研究開発・設計」「製造」「加工・組立」「検査・測定」「品質管理」「物流・倉庫」「小売」など、商品の企画段階からユーザーの手元に届くまで、すべての工程に対してソリューションをご提案しています。特定のお客様や業界にとらわれない、ものづくり全体の効率化を目指したトータルソリューションがキーエンスの特徴です。

特定の顧客・業界に依存せず、製造業のサポートをすること

真に“ものづくり”の効率化を目指すのであれば、工場の自動化だけでは不十分です。生産ラインの完全自動化が実現できても商品設計に問題があり、手戻りや不良品が発生すれば生産効率は上がりません。より効率的な製造工程を実現するには、まずは手戻りが発生しない商品開発が大切です。

そこで研究開発・設計を重視した「フロントローディング」という考え方の重要度が増し、企画・開発の高効率化が求められています。品質管理においても同様で、製造工程のデータ蓄積・解析が欠かせず、現場との連携は必須。しかし、部門間の連携は困難で、手間とコストがかかります。

あくまで一例ですが、キーエンスグループでは“ものづくり”における課題を解決するためにFA技術を駆使し、工程改善のトータルソリューションをご提案しています。以下に具体的な工程別ソリューション事例をまとめていますので、ぜひ一度ご覧ください。