小売の現場で活躍する
キーエンスの商品群

バーコードや2次元コードによる管理を最適化
小売で活躍するキーエンスの商品群

ファクトリー・オートメーション総合メーカーとして、生産現場の効率化に貢献しているキーエンスですが、その事業領域はFA市場にとどまることなく拡大し続けています。その一つがバーコードや2次元コードを読み取るハンディスターミナルやハンディスキャナなどの店舗向け商品です。こちらでは、キーエンスが小売向けにご提案しているソリューションをご紹介します。

小売の工程改善ソリューション

百貨店やスーパーマーケット、家電量販店やコンビニエンスストア、アパレル販売店や飲食店などの店舗では、商品管理のためにバーコードが利用されています。その際に欠かせないものが、バーコードを読み取るハンディターミナルやバーコードスキャナです。

近年では、BSE(狂牛病)問題を発端に食の安全性が叫ばれるようになり、商品の生産地や生産者などの情報を明記することが当たり前になりました。特に食品は、「牛トレーサビリティ法」「米トレーサビリティ法」が施行され、品質管理が厳格化されました。そのため情報量が増え、管理・伝達にバーコードより多くの情報を格納できる2次元コードも広く利用されています。

キーエンスのハンディターミナル/ハンディスキャナならバーコードや2次元コードなど、幅広いシンボルの読み取りに対応しているので安心です。さらに複数のハンディターミナル/ハンディスキャナを一元管理し、リモート接続することもできる端末管理ソフトウェアもあるので複数店舗での情報共有も簡単です。そのほかに無線で情報の読み書きができるRFIDなども用意しているので、どのような目的・店舗形態にも対応可能。これらの機器は、すべてFA市場で培われた画像処理技術やデータ管理技術、ソフトウェア開発技術などが活かされています。

商品の活用事例

キーエンス商品は、業界を問わず、さまざまな小売の現場で活用されています。こちらでは、商品による工程改善事例の一部をご紹介します。

ハンディスキャナ
~バーコード・2次元コードによる商品管理~

お客様の店舗運営における、商品管理を支援する商品もご用意しております。バーコード、または2次元コードに対しては、キーエンスの「ハンディターミナルBTシリーズ」が便利です。カラーディスプレイ採用モデルや小型モデルなどもありますので、使用シーンにあわせてお選びください。誰にでも操作しやすいインターフェースや管理ソフトウェアなども充実しているので、安心してご利用いただけます。

ハンディスキャナ

RFIDシステム
~非接触でデータの読み書きが可能~

箱などの遮蔽物、密閉物に入った商品の管理などは、少し手間がかかってしまうもの。そういった商品管理にうってつけなのが、キーエンスの「高性能RFIDシステム:RF-500シリーズ」です。電磁誘導方式を用いることにより、直接触れずともデータのスピーディなやり取りが可能です。各国の電波法の認証を取得済みなので、世界中で利用でき、グローバル展開している企業様でも安心です。

RFIDシステム