キーエンスの研究・開発用機器について

ものづくり全体の生産性向上を考えた、
研究・開発用機器の商品ラインナップについて

キーエンスは、ファクトリー・オートメーションで培った技術とノウハウを活かし、マイクロスコープや3次元測定器、データロガーなどの研究・開発用機器の企画・開発・販売を行っています。そのほかにも商品企画・開発の現場では欠かせない試作検証の手間と時間を削減する3Dプリンタなど、ファクトリー・オートメーションの枠に捉われず、ものづくり全体の効率化を目指した商品を展開。その結果、研究機関や教育機関などでもキーエンス商品が活躍しています。

キーエンスソフトウェアは、FA機器の開発で培った使いやすく、誰でも直感的に扱えるソフトウェア技術を活かし、研究・開発用機器の開発に携わっています。従来であれば専門的な知識を持ったエンジニアにしか扱えなかった研究・開発用機器を身近な存在にしたいという想いのもと、ソフトウェア開発を行っています。

キーエンスが研究・開発用機器を開発する理由

キーエンスはファクトリー・オートメーションの総合メーカーですが、その根底には「皆様のものづくりの生産性向上に貢献することで社会貢献をする」という想いがあります。そこでファクトリー・オートメーションという枠に捉われず、ものづくり全体の生産性向上につながる商品開発を行っています。その一つがマイクロスコープや電子顕微鏡、3Dプリンタやデータロガーなどの研究・開発用機器です。

キーエンスはFA用機器の研究・開発の過程で多くの経験と技術を積み重ねてきました。例えば画像センサ開発の過程で画像処理について学びました。その技術を活かし、より使いやすさにこだわって開発したのがマイクロスコープやSEM(電子顕微鏡)です。企業や大学の研究室、公的研究期間では欠かせないマイクロスコープやSEMですが、従来のものは照明選定やピント調整の手間がかかり、専門家でなければ扱えませんでした。

キーエンスは、そこに目をつけてピント調整を不要にし、照明による反射をカットできるマイクロスコープやSEMを開発。画像処理システムやFA機器の開発で培った技術を活かし、データ解析や管理の簡略化にも取り組み、研究・開発の手間を大幅に削減することに成功。それらの技術は画像寸法測定器や形状測定器にも応用されています。

そのほかにも開発現場で活躍する3Dプリンタやデータロガーなども開発。生産性を高めるには、製造工程だけではなく、研究・開発から見つめ直す必要があります。そして研究・開発の効率化ができれば、空いたリソースを活用でき、商品クオリティのアップにも貢献します。近年ではフロントローディングという考え方も一般的になっており、その実現にも効果を発揮するでしょう。このような理由からキーエンスでは、研究・開発用機器にも力を入れています。

キーエンス商品(研究・開発用機器)

投影機/画像寸法測定器やマイクロスコープ/顕微鏡、3Dプリンタ、データロガーなど、キーエンスの研究・開発用機器は多岐にわたります。これらの商品は、すべてお客様の声を聞き、課題を受け止め、ユーザーのニーズにお応えするために開発しています。

投影機/画像寸法測定器

形状や寸法を測定する場合、従来はマイクロメータやノギス、投影機や測定顕微鏡などを用いていました。しかし、これらの機器は手間と時間がかかり、測定担当者によって結果に差が生じるという問題がありました。キーエンスの投影機/画像寸法測定器は、FA化で培った自動化の技術を活かし、誰が使っても同じ結果が得られ、なおかつ素早く計測できることを目指しています。画像寸法測定器「IM-7000シリーズ」は、置いて押すだけで正確かつ素早く寸法測定でき、対象物の位置や向きを自動で検出し、最大99箇所を1度に測定可能で、100個の対象物を同時に測定することもできます。

投影機/画像寸法測定器

マイクロスコープ/顕微鏡 形状測定

拡大観察を行う「マイクロスコープ」、バイオ・医療分野の研究に欠かせない「蛍光顕微鏡」、電子ビームと光のハイブリッド「電子顕微鏡」、3D・粗さ測定に最適な「レーザ顕微鏡」など、デジタル顕微鏡と言ってもさまざまなタイプがあります。キーエンスで、観察や計測の目的に合わせて各種顕微鏡のほか、3次元測定器、粗さ計/形状測定器、ハイスピードカメラをご用意しています。

マイクロスコープ/顕微鏡 形状測定

3Dプリンタ

開発の現場では、デザインや組み付けの確認のために試作品を作成することもよくあります。一般的に試作は外部に依頼するケースが多いかと思いますが、制作に1~2週間程度かかり、費用も発生するため、納期や予算の面で試作の回数が限られてしまします。しかし、3Dプリンタがあればすぐに図面から試作品を作成することができ、納期や予算を気にせず十分な検討ができます。キーエンスでは、積層ピッチ15μmの高精細造形で、サポート材の除去作業も簡単な3Dプリンタ「アジリスタ」をご用意しています。

3Dプリンタ

データロガー 記録計/レコーダ

アナログ電圧/電流、温度、ひずみ、加速度、パルス、CANなどの混在入力にも対応し、1台であらゆる計測に対応したマルチ入力データロガー「NR-600シリーズ」をはじめ、ポータブルタイプのタッチ型データロガー「TR-Wシリーズ(ポータブル)」などがあれば、試験や実験時のデータ取りも安心です。持ち運びやすいコンパクトなサイズなので、生産ラインの立ち上げ時やトラブル時のデータ取りにも最適です。

データロガー 記録計/レコーダ