キーエンスが関わる業界

各業界における
ファクトリー・オートメーションの役割

ファクトリー・オートメーション総合メーカーであるキーエンスは、特定の顧客や業界に依存せず、いかに“ものづくり”を効率化するかを考え続け、生産現場に向き合ってきました。その結果、現在では全世界20万社以上のお客様から選んでいただき、45ヶ国200拠点に展開するまでに成長。自動車や半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品など、キーエンス商品はさまざまな業界で活躍しています。

こちらでは、各業界におけるファクトリー・オートメーションの役割、それに対してキーエンスが提供できる価値をご紹介します。

特定の顧客・業界に依存せず、製造業のサポートをすること

キーエンスは生産現場の効率化を考えて商品開発を行っています。市場動向や業界トレンドを注視し、グローバルダイレクトセールスによって各業界の潜在ニーズを調査。それらの情報を踏まえ、FA市場で培ったノウハウ・開発力を活かして「業界初」「世界初」の商品をリニューアルします。商品の標準化を目指して開発することで、キーエンス商品は生産現場はもちろん、研究開発、物流、小売りといった幅広い業界で活躍しています。

特定の顧客・業界に依存せず、製造業のサポートをすること

ファクトリー・オートメーションと各業界について

各業界とファクトリー・オートメーションの関係性について、詳しくはこちらをご覧ください。