製造の現場で活躍する
キーエンスの商品群

省人化によるコスト削減と自動化による安定生産
製造で活躍するキーエンスの商品群

原料を加工して商品を作ることを「製造」と言います。例えば金属を削ったり、曲げたり、肉や野菜を加熱して料理にしたり、すべてが製造であり、その業界は自動車や電機・電子機器はもちろん、食品や薬品まで多岐に渡ります。生産の基本工程「製造」について、キーエンスはファクトリー・オートメーション(FA)を活かしたご提案をしています。こちらでは、製造工程におけるキーエンスのソリューションの一部をご紹介します。

製造の工程改善ソリューション

製造には、「ライン生産方式」「セル生産方式」「ロット生産方式」「個別生産方式」など、さまざまな生産方法があります。方式は異なりますが、“いかに効率的に目的の商品を作るのか”というゴールはすべて同じです。

ライン生産方式は大量生産に適しており、自動車をはじめとした業界で一般的です。セル生産方式はラインレス方式とも呼ばれ、多工程を一人で担当するので多品種少量生産に適し、電子デバイス業界などで取り入れられています。ロット生産はライン生産方式とセル生産方式の中間的なイメージで、一定ロットごとに同じ商品を製造します。個別生産方式は、その名前からもわかりますが受注生産に適した方式です。

キーエンスグループは生産方式を問わず、ファクトリー・オートメーションによる省人化から製造コストの低減と品質の安定を目指しています。ものづくりの現場では、人間の勘や経験に頼らざるを得ないケースもありますが、誰が操作しても同じ製造工程を実現するためにご提案します。

商品の活用事例

キーエンス商品は、業界を問わず、さまざまな製造の現場で活用されています。こちらでは、商品による工程改善事例の一部をご紹介します。

セーフティライトカーテン
~製造工程の安全を確保~

セーフティライトカーテン「GL-Rシリーズ」を活用すれば、ライン内への立ち入りを監視することができます。ソフトウェアを利用すれば、光軸の見える化もでき、より安全性の高い製造現場を実現可能です。

セーフティライトカーテン

2次元センサ
~表面の影響を受けず、厚みや段差を検知~

2次元センサは、プレス工程上でブランク材の重なりを検知し、金型の損傷を防止します。プレス工程には通常人員を配置しますが、無人作業が可能になるため人件費削減に効果的です。

2次元センサ

レーザマーカ
~ロットナンバーや2次元コードの刻印を自動化~

レーザマーカ「MD-X1000/1500シリーズ」を活用すれば、製造した部品にロットナンバーや2次元コードを付与して管理できます。印字後にセンサを設置、同時に読み取りテストを実施することにより、印字が読み取れず管理できないといったトラブルも事前に防ぐことができます。キーエンスでは、高精細度な印字が可能なソフトウェアも開発し、使いやすさにこだわっています。

レーザマーカ