検査・測定の現場で活躍する
キーエンスの商品群

高速かつ安定した処理がボトルネックを解消
検査・測定で活躍するキーエンスの商品群

近年は各種センサの性能や画像処理技術の向上により、検査・測定工程の自動化が進んでいます。ノギスやマイクロメータ、投影機や測定顕微鏡による検査・測定は手間がかかり、生産のボトルネックになっていましたがセンサを活用すれば解消できます。また、一般的な治具による検査はデータが残らないというデメリットがありましたが、センサを活用することで情報管理も徹底できます。キーエンスでは、検査・測定の自動化はもちろん、情報管理まで含めたトータルソリューションをご提案しています。

検査・測定の工程改善ソリューション

ファクトリー・オートメーションの要となるセンサ技術の進化により、大きく変化しつつある工程が検査・測定です。今までは検査機器を使用して商品の規定に合っているかチェックをしていました。ノギス等の計測器具を使ってチェックするなどの方法が一般的であり、時間がかかり作業負担になっていました。人間の手によって行うためブレが発生し、全数検査が困難で不良品流出に危険性もありましたが、自動化することでそのような問題も解決できます。

従来のセンサでは判別が困難だった微妙な寸法や色の違い、反りやうねり、表面粗さや幾何交差なども、近年の技術革新により正確に判別可能です。現在では、人間の目では判別できないような微細な変化も正確かつ高速で自動判別できるようになり、ボトルネックになっていた検査・測定工程の効率化が実現します。

さらにデジタルデータとして検査・測定結果を管理することで、数値の見える化につながり、情報管理や改善にも効果を発揮。キーエンスグループでは、各種センサや寸法測定器、画像処理システムといったハードウェアはもちろん、はじめてでも直感的に扱えるソフトウェアの開発にも力を入れています。

従来の画像処理システムなどはプログラミングなどの専門的な知識が不可欠で、簡単には導入できませんでした。しかし、キーエンスの画像処理システムなどはプログラミング不要で、簡単に検査・測定できるようになっています。これも導入の手間を削減し、生産工程全体を通して効率化するために工夫です。

商品の活用事例

キーエンス商品は、業界を問わず、さまざまな検査・測定の現場で活用されています。こちらでは、商品による工程改善事例の一部をご紹介します。

画像寸法測定器
~測定者に左右されない、安定した寸法測定~

「Oリング」のような材質が柔軟な商品は、計測器具であるノギスでは、計測するものに触れなければならない為、形が変わってしまい、正しい計測結果になりません。「画像寸法測定器IMシリーズ」を用いる事で、非常に正確な方法で、あらゆるものの計測を、触れることなく行うことができるようになりました。

画像寸法測定器

インライン2次元変位計
~凹凸を正確に判別し、実装部品を確認~

インラインでパーツの実装検査を行いたい場合、「2次元変位計」を用いることで可能になります。表面状の微細な変化まで厳格にチェックし、万が一位置ずれが起きた場合も、オート補正があるので安心です。従来であれば、変位の測定にはプログラムなどが必要不可欠ですが、キーエンス商品は操作性にもこだわり、導入の手間も最小限に抑えます。

インライン2次元変位計

寸法測定器による計測
~計測データの自動取得+管理~

「TM-3000シリーズ」は、2次元透過式の寸法測定器です。こちらは様々なものの測定が、インライン上で可能になります。一例では、エンジンバルブの形などを詳細にチェックする事ができます。また、記録した情報はウェブ上で取り扱う事ができる為、作業手順の細やかな追跡も容易になります。データ管理用ソフトウェアなども用意していますので、新たにシステムを構築する必要はありません。

寸法測定器による計測